自然災害に負けないために液状化対策を行おう

工事現場

家を建てても大丈夫ですか

家など建物を建てる前に行っておきたいのが地盤調査です。地盤の状態が悪いと将来的に建物の重量で沈み込むといった現象が現れることになります。また砂質の土地であれば地震によって液状化現象の原因にもなります。

工事現場

安心して取引するために

建設に入る前には、必ず土壌汚染調査を行いましょう。目に見えるものではありませんが、放置していれば健康被害を被ることになります。土地購入後に土壌汚染が発覚した場合は、売り主に対して対処費用を請求できます。

液状化現象とその対策

重機

地震が発生した際、建物などへの被害をもたらすものとして液状化現象がある。地震により地盤が揺すられることにより地盤が緩くなり、その地盤の上に建っている建物の倒壊や傾きなどを招くものである。液状化現象が起き、建物が傾いてしまった場合、多くのケースでは建て直しをする必要性が出るため、被害が大きい。これらの液状化現象を防ぐための液状化対策については、いくつかの対策方法があり建物を建てる前に液状化対策を行っておくことが重要になる。液状化対策を行う場合、まずはその地盤調査を行うことから始められる。地盤が緩いかや水分を多く含んでいるかなどの調査を行い、その調査結果に基づき液状化対策が行われる。液状化対策の方法としては、土を入れ替える方法や地上から圧力をかけ固める方法、セメントなどを混ぜ込む方法など様々な方法がある。これらの液状化対策では、工法により効果や費用が大きく変わってくる。その為、その場所に建てるものに合った対策が取られることが通常である。マンションなどの大型の建物を建てる場合には、より強力な対策が取られることが一般的である。液状化対策では、費用対効果が重視されることが多いため、事前にどのような対策をどの程度の費用をかけて行うかの検討が重要になる。個人の一戸建て住宅などでは、地盤に圧力をかけての踏み固めや、土の入れ替えなどの対策が有効とされている。地盤の強さなどにより、費用面なども大きく変わる傾向がある。

ヘルメット

高精度で低費用

平板載荷試験は、信頼の置ける地盤の調査方法です。所要時間が短く費用も安いので、気軽に地盤調査を依頼できます。試験自体は信用できるものの、業者の技術力によって結果は変わってしまうので、依頼するなら地盤鑑定士のいる業者を選びましょう。