自然災害に負けないために液状化対策を行おう

安心して取引するために

工事現場

土地取引のトラブルを回避

建物等を建設するために土地を購入する場合、土壌汚染調査を行うことは大切です。現在は、有害物質を利用する工場等の跡地は土地所有者の届け出が必要です。ただし、規制がなかった過去に工場等があった場合などは届け出が行われていない場合があるので、過去の土地利用を調べるとともに、土壌汚染調査を行うことで安全性を確認しましょう。土壌汚染調査をすることで、正確な土地の安全性を証明できるので、土地の売買において買主にも売主にも大きなメリットになります。土壌汚染は目には見えないのですが、地下水汚染や土地利用者に対する直接的な健康被害など、多岐にわたる危険をはらんでいます。地下水の汚染は、地下水を利用する不特定多数の人に被害を及ぼす危険性をはらんでおり、土地利用者には、長期間直接的に有害物質にさらされることになるので重篤な被害になる可能性が高くなります。土壌汚染は水や空気の汚染と違って流れて消えないので、土壌を運び出し客土しないと長期間汚染された状態になってしまいます土地の取引後に土壌汚染が発覚した場合、購入者は、汚染除去対策に係る費用を購入価格から差し引くことを土地の所有者に要求することになります。土地取引は、高額な取引であり、さらに割増の費用や汚染除去対策のための時間が大きな負担となるので、大きなトラブルとなります。このような、取引に係るトラブルを回避するためにも、土壌汚染調査の実施は欠かせない事前準備と言えます。