自然災害に負けないために液状化対策を行おう

高精度で低費用

ヘルメット

業者選びwebで簡単

建築物を建設する際に、地盤の特性を把握した上で行うことは、防災や建物の傾きなどのトラブル回避のために重要なことです。調査方法として近年多く用いられているのが、地盤の特性を直接測定することができる平板載荷試験です。平板載荷試験は、建築や土木に関連する多くの法規で主な調査方法とされており、信頼性が高く所要時間の短時間な調査方法として、高い人気となっています。平板載荷試験の調査方法は、基礎を設置する深さまで掘削を行った上で、基礎の代わりとして直径30cmの鋼鉄製の円盤を地面に押し付け、油圧ジャッキで荷重をかけ沈下量を測定して地盤の変形を調べます。測定は、原則として0分、1分、2分、5分、10分、15分、20分、25分、30分荷重をかけた後に、5分間隔で沈下量の復元を測定により「荷重−沈下量曲線」を作成し、沈下が急激に増大し始めるときを極限支持力とします。調査方法が比較的簡単なので費用も安く、同じ予算で他の測定法に比較し多くの調査地点で実施することができます。精度が比較的高く費用も安いため依頼者が多く、多くの地盤調査会社が調査法として取り入れています。反面、測定業者による技術レベルに差があるので、信頼性が高い地盤調査を行うためには高い技術レベルを持った業者探すことが重要となります。平板載荷試験業者を選ぶときは、一括見積ができるサイトを利用してネットで検索し、見積もり依頼や電話相談するのが便利です。業者を選ぶ時のポイントは、「地盤鑑定士」いるかどうか、調査後に地盤の異常が発生した場合の保証制度があるどうかなどをチェックすると良いです。安心して建築物の建設を行うためにも、信頼できる業者選びに細心の注意を図りましょう。