自然災害に負けないために液状化対策を行おう

家を建てても大丈夫ですか

工事現場

土地の安全性

地面は一見すると強固そうに見えても、実際にはそうではないケースが多くあります。人や車が乗った程度ではびくともしなくても建物を建てるとなると話は異なってきます。軟弱な地面に家を建てると建物の重量で沈み込む可能性があります。このため家など建物を建てる前には地盤調査を行って安全かどうかを確かめる必要があります。それまで建物が存在していなかった場所で地盤調査を怠って家を建てると建物の重い場所から沈み込むことになり、これが家の傾きを招く可能性があります。ある程度の傾きで止まれば良いですが、極端に沈み込むと生活することが困難になるほか、建物が崩壊する可能性すら出てきます。このため将来的な安全を確保するためにも安全な土地であるか地盤調査を行う必要があります。特に注意しなければならないのが、もともとが海や川、谷や池と言った場所です。また田であった場合にも注意が必要です。地盤調査の仕組みとしては、基本的にはサンプリングです。サンプリングは地面に孔を掘り土を回収するというものです。調査は一箇所だけ済ませるというケースもあれば複数箇所で採取することもあります。この際に土を取り出す方法にはいくつかの種類があり、取り出す際に土の状態が壊れてしまうケースがあります。いずれにしても採取された土をもとに分析を行い、地盤の状態を判断します。特に砂が多く混ざっているとそれだけ地盤が弱いと判定されます。地盤が弱いと判定された場合には、建物を建てる前に地盤改良工事などを行う必要があります。